症例

当院の治験例

上顎前突( じょうがくぜんとつ ) (出っ歯)

上の前歯や歯列全体が突き出ている状態をいいます。

下顎前突( かがくぜんとつ ) (受け口・反対咬合)

下の前歯が上の前歯より前に出ています。骨格的ずれが多い場合、あごの骨を移動させる外科的矯正歯科手術をする場合があります。その手術後に矯正歯科治療をします。

叢生( そうせい ) (乱ぐい歯・八重歯)

あごが小さかったり、あごに対して歯の幅が大きい場合に起こります。歯の生える場所が足りないので、凹凸に生えたり、重なりあって生えています。

上顎前突+叢生

上顎前突と叢生が同時に発生した状態です。

叢生(右下第一大臼歯を虫歯で失くしていたケース)

右下第一大臼歯を虫歯で失くしていたケースに見られる叢生です。

お子さまの矯正(Ⅰ期治療)

乳歯がある時期の矯正治療です。