治療にかかる費用

相談料・診断料

初診・相談料 ¥1,000
検査・診断料 ¥42,000

矯正施術料

当医院の矯正料金は治療終了(保定終了)までの総額表示(トータルフィー)で行っています。
月々処置料等はございません。
費用が明確で、治療期間が延びても追加費用はいただきません。

(永久歯列の矯正)

メタルブラケット ¥648,000~

金属製の装置。堅牢で歯の動きやすさが特徴です

セラミックブラケット ¥698,000~

セラミック製の装置。目立ちにくく、一般の方だと80センチくらいまで近づかないと気付かないと言われています

舌側矯正(上顎のみ) ¥1,030,000~

上あごは舌側矯正装置、下あごはセラミックブラケットの組み合わせです。下あごの装置は唇に隠れて目立ちにくいので他人に気づかれる機会が大幅に減ります

舌側矯正(上下顎とも) ¥1,180,000~

上下とも舌側矯正装置を装着します。見た目が全く変わらないため 他人に気づかれることなく治療が行えます

インビザライン ¥840,000

透明で取り外しのできるマウスピース型の矯正装置です。透明であるため目立たない上、自分で取り外しできるので食事中の煩わしさがありません。2週間ごとに装置を交換していくことで段階的に歯を動かすことができる装置です。

部分矯正 ¥100,000 ~

◆ オプション

クワドへリックス・パラタルバー ¥14,000(1個)

ミニインプラント ¥35,000(1本)

◆ その他

急速拡大装置 ¥35,000

Ⅰ期治療 ¥315,000
(乳歯がある時期の矯正)

Ⅱ期治療 ¥315,000
(Ⅰ期治療を終え、引き続き永久歯列完成まで治療を行う場合)

メタルブラケット ¥315,000

セラミックブラケット ¥365,000

お支払いについて

以下よりお支払い方法をお選びいただけます。

  • ・ 一括払い
  • ・ 分割払い(カードを使わなくても可能です。無金利)
  • ・ カード払い
    (JCB、AMERICANEXPRESS、UC、VISA、Master Card、Diners Club International)

医療費控除について

矯正治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に、所得税の一部が戻ってきます。本人および生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。ただし、年間に支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。
所得が200万円以下の方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。