医院選びのポイント

ドクター選びのひとつの基準。認定制度とは?

“矯正歯科を標榜している歯科はたくさんあるけど、どの医院を選べばいいか迷っている” という方は多いのではないでしょうか?
当然ですが、歯科医師もスポーツ選手と同じように、その技術力に大きな差があります。
そこで歯科医師選びのひとつの基準となるのは各学会の認定医や専門医といった資格です。 矯正の分野においては日本矯正歯科学会(日本で最も権威のある歯科矯正の学会)による 認定医制度が最もポピュラーな認定資格です。

矯正歯科・認定医とは?


学会に認められた矯正医であるかどうかが
安心できる歯科選びの重要な目安です

矯正治療を行うドクターの技術を客観的に評価したひとつの基準です。日本矯正歯科学会より認定医として認定されるには5年以上学会に属し、学会が認めた大学附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたり相当の臨床経験を積む必要があります。さらに学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、審査に合格しなければなりません。

ちなみに認定医資格は5年毎の更新が義務づけられ、学術大会への出席や発表、および自身が治療した症例の報告が義務づけられ審査に合格する必要があります。現在、認定医は全国にわずか2800人。これは矯正歯科治療を行う歯科医師の約1割の数です。

矯正“認定医”として高い技術力を持った院長


当クリニック院長 吉田 尚人

当クリニック院長・吉田は、もちろん認定医として学会から認定済み。25年の臨床経験を有し、現在まで約1200症例の矯正治療を成功させてきました。今後も質の高い世界基準の矯正治療を提供できるよう日々研鑽を積んでまいります。

その他のポイント

◆ 常勤の矯正歯科医師がいること

非常勤の場合は予約日時が限られる上、予期せぬトラブルへの対応が困難です。また担当医が変わる事も多いです。いつも通っている歯医者さんが便利でしょうが矯正治療は全くの別物。2つの医院に通う割り切りが必要です。

◆ 治療前検査をきちんと行っていること

セファロX線(横顔、正面顔のレントゲン装置)が備わっている事が望ましいです。これが無いと現状の分析が充分できない上、治療中の変化を検証できず、治療途中の転医の際にも苦労します。